コラム
>>歯石除去は自分でもできる?

2015年09月25日歯石除去は自分でもできる?

歯石除去は自分でもできる?

歯石とは?

歯垢や歯石などの言葉はよく耳にしますが、それぞれどういったものかご存知でしょうか。歯垢は正しいブラッシングで落とすことができますが、歯石は簡単に除去できるものではありません。無理に落そうとすると歯茎や口内を傷つける原因になります。

【歯石のでき方】
口内細菌の塊であるヌルヌルしたやわらかい歯垢が、唾液の成分によって石灰化し、歯の根元や周囲に石のように固まってできます。

【歯石の弊害】
歯石は口内の健康維持に様々な悪影響を及ぼす原因になります。歯石は小さな穴がたくさん開いた軽石のような構造をしていて、その穴が歯周病菌の住処になるため、歯周病はもちろん、虫歯や口臭を引き起こす原因にもなりかねません。

【歯石を除去するには】
ついてしまった歯石はどのようにして落とせばよいのでしょうか?通常の歯磨きでは落とせないため、固まった歯石は専用の器具で削るようにして落とす必要があります。

歯石は自分で取れる?

歯石除去は必ずしも歯科医で行わなければならないものではありませんが、自分で行うには以下のような注意が必要です。

【専用の器具を使用】
歯石除去用のピックやデンタルミラーを用意します。最近では薬局やネット通販で手に入りますので、必ず専用の器具を使用しましょう。

【自分でできる範囲で】
自分の口内を隅々まで見ることは不可能です。また届きにくい個所を無理に処置しようとすれば歯茎を傷つけるなどの危険があります。デンタルミラーを使っても見えづらい部分や歯茎の中にできた歯石は自分で処置をしないようにしましょう。前歯の裏くらいまでがベストです。

【完全に除去するには歯科医を受診】
上記のように、自身での処置には限界があります。見えないところや届かないところ、また大きくなりすぎてしまった歯石の除去にはやはり歯科での処置をおすすめします。歯科医では以下のような方法で歯石を除去します。
・スケーリング・・・超音波で歯石を粉砕していきます。
・ディープスケーリング・・・超音波とピックのような器具を使い、深さ4ミリまでの歯周ポケットの中の歯石を除去します。
・ フラップ手術・・・さらに深いところにできた歯石を取り除くため、麻酔をかけ歯茎を切開して行う手術です。

歯石除去ってお金がかかる?

歯科医で処置をするとだいぶお金がかかってしまうのでは?と心配になりますが、歯石除去は保険診療が適用される処置です。人により回数、頻度は異なりますが一般的な費用は以下のようになります。

【一回ごとの費用】
保険診療で3割負担の場合、一回¥2.000~¥3.000程度が一般的です。一度も歯科処置をしたことがない場合は、2~4回に分けて除去していきます。歯周病を併発していたり出血があったりすれば、さらに増える可能性もあります。

【歯科処置の頻度】
3か月に一度を目安に、歯石のできやすさや自宅でのケアの仕方で変化します。放っておけば必ず再発するものなので、医師に相談しましょう。

歯石除去って痛い?

歯石除去をする際、「とても痛かった」「ひどく出血した」などの話をよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか?歯科では歯茎と歯の隙間・歯周ポケットにできた歯石も器具を使って除去していくので、慣れないうちは器具を差し入れると痛みを感じたり、多少の出血があったりします。いずれも回数を重ねるごとに軽減し、慣れてくると逆に心地よく、すっきりするという方が多いようです。歯石は、放っておいて良いことは一つもありません。怖がらずぜひ一度歯科で歯石チェックをしてみましょう。

一覧へ戻る